行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ノートパソコン(その1)

少し横道に逸れて、2010年のバリ島旅行を計画する前後にあった関連のことについて書いてみたい。

このブログの趣旨と異なるので、あまり詳しく書くつもりはないが、PCとの関わりは長く、もう30年以上になる。ただし、自分で所有したのは自作のデスクトップPCが殆どで、今までノートPCというものを所有したことがなかった。

3年ほど前、妻用にノートPCを購入した。その半年ほど後に長男がノートPCを購入した。2年前の4月に次男が大学に入学したのを機にノートPCを購入した。気が付いて見るとノートPCを持っていないのは私だけになっていた。

それまで自宅の1階用と2階用の2台のデスクトップPCを使っていたのだが、ちょうど1階で使っていたPCが壊れた。症状からいってCPUかマザーボードに問題があるようで、直して直せないことはなさそうだ。しかし、もう5年近く使っている古いものなので、これを機に新しいPCを買うことにした。折角なので初めてのノートPCを購入することにした。2009年の9月末頃のことである。この時点ではまだ2010年のバリ島旅行の話はなかった。

1階用のPCは家族共用のネットアクセスPCとしての役割がメインで、それほど処理能力が要求される訳ではない。かといってネットブックではちょっと非力すぎる。折角のノートPCなので外へも持ち出したいので大きさは12インチ以下がよい。しかし、それほど長時間の作業を外でする予定はないのでバッテリーは2時間も保てばよい。等々の条件を考慮して、当時流行のCULVパソコンを購入することにした。

ASUS、Acer、レノボ、HP等々のメーカのCULVパソコンを比較検討して、ASUSのUL20AとAcerのAS1410が最終候補となり、最終的にはASUSのCeleron SU2300を搭載したUL20Aを購入することに決めた。

UL20Aは当時5万を少し切る価格で買えそうであった。そしてどこで買うかを検討している時に、Core 2 Duo T9550搭載のThinkPad X200を96,800円で見つけてしまった。

Celeron SU2300とCore 2 Duo T9550とのPCMark05のCPU Scoreの差は2倍強である。価格も約2倍だから価格に見合ったCPU性能と言える。ただし、クーポンその他で大幅値引きのレノボなので何が定価か分からないが、X200は定価が19万円程するものなので、96,800円は約半値であり、かなりお得である。

CULVパソコンはコストパフォーマンスは高いが、値段を下げるために作りは決して堅牢とは言い難い。両者の質感を比較してもUL20Aのチープさは否めない。一方、ThinkPadの堅牢性には定評がある。また、X200にはレノボではなくIBMの3年保証が付いていた。

このX200のOSはWindows Vistaのダウングレード権利用のWindows XPだが、アップグレード・キャンペーンでWindows 7も入手できる。つまり、1台のPCを購入することで3つのOSを殆ど同時に手に入れることができる。実用性がどれだけあるかは別にして、かなりのお得感があることは事実である。

と言うことで、突然心変わりして、Core 2 Duo T9550搭載のThinkPad X200を96,800円で購入した。前日の夜中に見つけて、次の日の朝電話で注文して、その日の夕方直接取りに行った。お金を払って既に梱包済みの商品を受け取って、その店には1分も居なかった。
a0194194_16478.jpg

結果として、前の日の夜中に見つけたPCを次の日の夜中には実際に使っていた。CULVパソコンの選定に1ヶ月半以上の時間をかけた割には、自分でも驚くほど短時間でX200を購入してしまった。こういうのを衝動買いと言うのだろう。2009年11月中頃のことである。

この時にはバリ島行きは既に決まっていた。しかし、ノートPCをバリ島に持って行こうとは思っていなかった。もし、この時UL20Aを購入していたら、後の展開は違っていたかもしれない。
[PR]
by yonica | 2011-01-22 16:13 | バリ島2010