行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バリニーズ衣装記念フォト&スパトリートメント(2010.06.28)

2010年6月28日、バリ島2日目。

今日は2つの特典ツアーが入っている。最初は「バリニーズ衣装記念フォト&スパトリートメント」だ。9:30に「バリラトゥ・ティアラ」の送迎車がくることになっている。7時に起床して、7:30頃バギーBreeze朝食に向かった。

ザ・サマヤのメインロビー
a0194194_984619.jpg

メインロビーを抜けたところ
a0194194_993634.jpg

メインロビーを反対側から見たところ(前の写真とは時間が異なる)。
a0194194_9101757.jpg

毎日美味しい朝食とアフタヌーンティーを頂いたBreezeレストラン
a0194194_911154.jpg

メインロビーを抜けてBreezeに向かう間、働いているスタッフが皆「Selamat pagi!」と挨拶をしてくれる。我々も「Selamat pagi!」と挨拶を返す。「あ~バリ島に来たんだな」という実感が湧いてくる。

時間が早かったこともあり、Breezeは混んではおらず一番海側のテーブルを確保できた。テーブルからは美しい海が見える。波は結構高い。

隣の席で総支配人のRay Clarkが宿泊客と話しており、我々に気づくと挨拶にきてくれた。写真を撮ってくれることになり妻のデジカメをRayに渡した。すると、Rayと一緒のテーブルにいた(多分オーストラリア人の)おじさんがRayからデジカメを奪い取って写真を撮ってくれた。Ray曰く「彼はプロの写真家だから」とのことだったが、カメラの扱いを見ていると冗談のようだ(と、ずっと思っていたのだが、実はシドニーに大きなスタジオを持つプロのカメラマンだったことが最近判明した)。こんなことがあるのもリゾートの楽しみのひとつかもしれない。

バリ島で最初の朝食でもあり、定番のナシゴレンとミーゴレン、フルーツプレート等をオーダーし妻とシェアした。

朝食が終わり席を立った頃に、セールスマネジャー(今はマーケティングマネジャーのようだ)のEmikoさんが現れた。メールでお世話になったお礼を言い、昨夜の大渋滞の話等をした。朝食の時間には毎日一度はレストランに顔を出して宿泊客の相談にのっているようだ。

予定通り9:30に送迎車がきて「バリラトゥ・ティアラ」に向かった。最初にウエルカムドリンクを頂きながらカウンセリングと称する簡単なアンケート記入があり、次に選んだバリニーズ衣装を着ての撮影を行った。

実はこの特典は、エレファントサファリ、ラフティング、シーウォーカー等5つの中から好きなものをひとつ選べるのだが、結婚25周年であり、バリニーズ衣装を着て記念写真を撮るのもよいだろうということで選んだ。

ただし、選んだ衣装が悪かったのかもしれないが、結果はイマイチであった。選んだのはバリの結婚衣装である。衣装そのものは一枚の布を折って畳んで衣装になったりと、結構貴重な体験であったが、化粧がいけない。若い人ならともかく、おじさんが化粧をしてはいけない。結果は新宿二丁目にいそうな人になってしまい、折角の記念写真もとても人に見せられるものではなかった。一方で、妻は背が低いので小柄なバリ人の衣装が似合うこともあるが結構様になっていた。

驚いたことに、妻を担当してくれた女の子が日本の歌をよく知っていた。テレビで覚えたそうである。妻に衣装を着せてくれながら沢山の歌を歌ってくれた。これがまたうまい。声もいい。これは非常に良かった。

撮影そのものは1人づつ、2人一緒と結構な数のポーズをとらされ、本当の結婚式の記念撮影を思い出した。従って、化粧をしない衣装(そんなものがあるのかどうか分からないが)を選べば、結構良いツアーかもしれない。

一方スパは、フラワーフットバス(5分)、バリニーズマッサージ(80分)、ストロベリースクラブ(20分)、フラワーバス(15分)の計2時間のセットメニューで、こちらの方は非常に気持ちが良かった。

今回の旅行にはザ・サマヤの3泊以上宿泊特典を含めて3回のスパが予定されていた。私は他人に体を触られるのが得意な方ではない。くすぐったくてしょうがない。なので、折角バリ島に来のだからスパも体験してみたいが、3回は多すぎると思っていた。ザ・サマヤの特典は1人1時間だが、私の権利を妻にあげて、妻だけ2時間にして貰うつもりでいた。しかし、やっぱり3回やろうと考えを変えた。それくらい気持ちが良かった。

a0194194_915148.jpg
ただし、あまりに気持ちが良かったのか途中で寝てしまい、目覚めた後にベッドから降りる時にベッドから落ちて、左半身を強打(という程でもないが)してしまい、しばらく左半身が痛かったのはご愛敬である。

最後に屋上にあるガゼボでお茶(ジャスミンティーだったような?)を頂いて、写真とデータの入ったCD-ROMを貰って最初の特典ツアーは終了した。

終了後は近くなら好きな所に送ってくれるということだった。場所はディスカバリー・ショッピング・モールの近くなので、そのままお買い物という選択肢もあったが、2人とも若干疲れたので、そのままホテルまで送って貰い、2時過ぎにザ・サマヤに戻った。
[PR]
by yonica | 2011-03-13 09:23 | バリ島2010