行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

いよいよ最終日(2010.07.02)

2010年7月2日、バリ島6日目。

楽しかったバリ島旅行もいよいよ最終日となった。Riniさんが12時に迎えに来るので、それまでにチェックアウトしておく必要がある。

Breezeでバリ島最後の朝食を食べて10:30過ぎにヴィラに戻り、荷物の最終パックを行った。当然来た時よりも荷物は増えている(体重も増えている)。何とかスーツケースの蓋を閉めて、トイレにある体重計で重さを量ると重量制限はギリギリではあるがクリアしていた。良かった! これで$10/Kgの超過料金を払わなくて済む。

11:30頃早めにチェックアウトに向かった。バギーを頼んだのだが、バギーと共に5人のお掃除隊が到着したのには驚いた。ヴィラの掃除は不在の時にして貰っていたので今まで気が付かなかったが、5人一組でやってくれていたようだ(チェックアウト時だから特別?)。

チェックアウトを済ませ、Emikoさんにお世話になったお礼とお別れの挨拶をして、一緒に写真を撮って、Riniさんを待った。

Riniさんは予定通りに到着し、最終日の特典ツアーに向かった。先ずはデサムダ・ヴィレッジ内にあるザ・ライステーブルでのランチである。ちなみに、「デサ」はインドネシア語で「村」の意味だから、デサムダ・ヴィレッジは「ムダ村村」となり何か変な名前である。

ここではインドネシアン・リスタフェルを食べた。同じインドネシアン・リスタフェルでも初日にクニットバリで食べたものとは全く形式、内容が異なった。

最初にソトアヤム(鶏肉のスープ)
a0194194_9391444.jpg

次に、まるでパダン料理のように16種類の料理がテーブルに並べられ圧巻であった。これにライスが付く。
a0194194_9394194.jpg

最後にエスチャンプル(フルーツ入り練乳カキ氷:写真なし)が付いた。これだけ数があると味は好き嫌いがあり全部美味しかったという訳にはいかないが、お金を払って食べても16種類の料理で一人$10強だったと思うので、お得感があることは確かだ。

店内にはインドネシアの衣装が置いてあり、「自由に着て写真を取って下さい」とのことだったが、2日目の記念撮影で懲りたので遠慮した(化粧をしなければ大丈夫だったかな?)。
a0194194_9402100.jpg

その後DFSギャラリアで1時間ほど買い物をした。タバコ(ダンヒル)、妻の使っているシャネルNo.19のトワレ、Tシャツ等を買った。円が強かったので全て円で支払いをした。

16:00頃に「タラガスパ」に到着した。ここは洗い流す必要のないピュアバージンココナツオイルを使っていることが特徴で、最後はバスではなくシャワーのみだった。それ以外は「バリラトゥ・ティアラ」とほぼ同じ内容だったが、足の日焼けの件を話して足のスクラブは勘弁して貰った。同じ2時間のスパであったが、ベッドから落ちたことを除いて「バリラトゥ・ティアラ」の方が良かったように思う。

次にサンセットロードにある中華レストラン「シノワズリ」での夕食である。18:00過ぎに到着した。店内が外観から想像するより広くてゴージャスなのに驚いた。ただし、我々が座ったテーブルの外は田んぼビューである。Riniさんが、「スミニャックからだんだん田んぼが消えている」と言っていたが、ここもそうなのかも知れない。

20時に出発すれば十分なのでゆっくりと約2時間近くかけて豪華な夕食を楽しむことができた。ただし、途中から総勢20名ほどの中国人の団体客が近くのテーブルにきてうるさかった。食事後に子供達がトランプ大会を始めたのには驚いた。中華レストランと言えども、恐るべし!中国人!

最初にスープ(写真なし)、次に前菜3種盛合せ。
a0194194_9403882.jpg

4種類の料理
a0194194_941349.jpg

a0194194_9411740.jpg

a0194194_9412669.jpg

a0194194_9413769.jpg

チャイニーズなのでナシゴレンではなくチャーハン。焼きそば(ミーゴレンではない)も選択できる。
a0194194_9415894.jpg

そして最後にデザート(写真なし)。上の写真は取り分けた後のものもあり、あまり美味しくなさそうに見えるものもあるが、実際には皆それなりに美味しかった。ただ、チャーハンは少し薄味だった。

20時過ぎにシノワズリを出発した。初日のあの渋滞はいったい何だったのだと思うほど順調に走り、20:30頃にはデンパサール空港に到着した。

お世話になったRiniさんにお別れの挨拶をしてチェックイン……したかったのだが、チェックインは21:00からとのことで、喫煙所で一服してチェックインカウンター前の列に並んだ。まだ時間が早いこともありそんなに多くの人は並んでなかった。チェックインは予定より早く20:50頃から開始され、それほど待たずにチェックイン出来た。

荷物を預けて身軽になったので、2階に上り空港税を支払い、出国審査を受けた後、今回のツアーの最後の特典であるDewa Loungeに向かった。デンパサールは到着した時にはごく一部しか見ていないので、そんなに大きな空港だとは思っていなかったのだが、Dewa Loungeに向かう途中に多くのテナントがあり驚いた。

Dewa Loungeは1階が禁煙席、2階が喫煙席になっている(当時:2010年11月にリニューアルされ喫煙ブースが作られた)。当然2階に席を確保した。我々が行った時には2階にはほんの僅かな人しかいなかったのだが、段々人が増えてきた。ちょうどサッカーのワールドカップの期間中であり、テレビを見たい人が集まってきたようだった。最後の頃はテレビの前に十数人の人が椅子を移動して観戦し非常に盛り上がっていた。

定刻より少し遅れて搭乗手続きが始まり、無事機上の人となった。機内では機内食はしっかり頂いたが、疲れていたのか2人ともよく寝た。

ほぼ定刻に成田に到着し、リムジン、タクシーと乗り継いで、昼近くに無事自宅に帰り着いた。

かくして、結婚25周年・勤続30周年記念のバリ島旅行は無事終了した。楽しいことは速く過ぎ去ってしまうもので、あっという間のバリ島旅行だったが、本当に思い出に残る一週間だった。
[PR]
by yonica | 2011-04-24 09:50 | バリ島2010