行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バリ島旅行を楽しんでいます(その2)

今日はCORIANDERから更新。

クルーズに出かける前に軽いスコールがあったのでちょっと心配したが、短時間で上がってくれて、晴天の中で無事クルーズを楽しむことができた。

17:45頃にベノア港を出港して、3階のデッキから左手にスランガン島(カメの島)とサヌールを、右手にヌサドゥア/タンジュンベノアを見ながら外海へ。途中18時頃からサンセットとなる。夕日が雲や海に反射してとても美しかった。ビュッフェ・ディナーもおいしかったし、各種ダンス、ニューハーフの当てぶり口パク、マッチョマンショーからなるキャバレーショーもなかなか面白かった。

部屋に戻り、バスタブにお湯を張ろうとしたのだが、今日はなぜかお湯が出ない。かなり長い間出し続けたが全くお湯にならないので、今日は諦めて水シャワーにした。

バリ島5日目は何も予定が入っていないので8時に起床した。妻がシャワーを浴びるがやっぱりお湯が出ない。それは後で何とかするとして、朝食後、帰国便のリコンファームのために、散歩を兼ねてサヌール・ビーチ・ホテルまで遊歩道を歩いてみた。サヌール・ビーチ・ホテルの2階のガルーダのオフィスで無事リコンファームと座席の予約を完了しホテルに戻った。約2時間のジャラン・ジャランだったが、結構良い運動になった。普段の倍近くの量を食べているような気がするので、たまには運動をしないといけない。

昼食は遊歩道を行けるところまで北上し、どこかでダナウ・タンブリンガン通りに抜け、適当なところで摂るつもりだったが、遊歩道を歩いていて有名なワルンカミサマを発見したので、ちょっと疲れたこともあり、ここで昼食にすることにした。ビーチの席で昼食をとるのは初めてだったが、なかなか良かった。

昼食後、ガゼボ・ホテルを通り抜け、ダナウ・タンブリンガン通りを南下した。夕食はカユ・マニスに行くつもりでいたのだが、The Villageがよさそうだったので、思わず夕食の予約をしてしまった。

ここには詳しく書かないが、夕食を挟んで、フロントとお湯の件に関する長いやりとりがあり、結果的には今日はお湯はでるようになった(が、いつまた出なくなるかわからない)。

The Villageではクアトロピザ、スパゲッティ・ジェノベーゼ、バニラフロート、ビンタン小をオーダーした。他にウエルカム・ブレッドが付いた。これで税込Rp210000は店構えにしては非常に安い。生歌もあり雰囲気も良いし、料理もとてもおいしかった。

バリ島6日目はバリトップさんにお願いしたカーチャーターの初日である。今日は天気に問題はなさそうなので、予め決めておいた晴天用の行程を採用し、デンパサール・G.W.K観光に行くことにした。約束の10時前にロビーに行くとガイドのスワ(スアスティカ)さんが既に待っていた。

詳しくは帰国後のブログに譲るが、バジュラ・サンディ(バリ歴史博物館)、アートセンター、バリ博物館、G.W.Kを観光した。スワさんが一緒に回って色々と説明してくれたが、日本語が達者なだけでなく、本当に色々なことをよく知っている素晴らしいガイドさんだった。G.W.Kでは昼間のガルーダ像と再会することができた。また、昨年夕食を摂った懐かしいジュンデラ・バリでバリの眺望を満喫しながら昼食を楽しめた。
[PR]
by yonica | 2011-05-11 20:26 | バリ島2011