行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

いよいよ帰国です

後少しで帰りの便が出発する。今DEWA Loungeで書いる。帰る前に昨日までの分を更新する。

ホテルに戻る途中、明日の夕食のためマッシモの予約をしようとしたが、スワさんが予約は不要だと言うので止めておいた。16:45頃ホテルに戻りしばらくすると、スワさんから電話があった。明日マッシモでバリトップの社長さんが夕食を共にしたいとのことである。明日の夕食の場所も知られているし、断る理由が見つからなかったのでご厚意をお受けすることにして、19時にピックアップして貰うことになった。

少し休んだ後、ランドリーを頼みにいくついでに、夕食に行くことにしたが、今日は疲れたので近場で済ますことにして、ホテルの目の前のCORIANDERで食べることにした。CORIANDERではソトアヤム、チャプチャイ、ガドガド、ナシプティ、バリハイ大、アイスティを頼んだ。これで税込Rp125000だった。特にソトアヤムとチャプチャイが非常においしかった。

夕食後部屋に戻り、バスタブにお湯を張ったが、途中で水に変わってしまった。昨日のことがあるので、すぐにフロントに電話した。いかにバリの古いホテルとは言え、お湯が出ないのが3回目となると、こちらもかなり頭にきているので、スタッフを部屋に呼び対応を求めた。2時間近く色々やっていたが、結局埒が明かず、仕方なく今夜は空いていた120号室(結構遠い)のバスを使うことで妥協した。

ただし、明日朝9時の朝食時に度重なるお湯の出ない件についてGMが直接説明することと、3回修理してダメなのだから、明日中に126号室のボイラーを新品に交換することを求めた。

次の日(5/12)の朝、9時になってもGMがレストランにこない。朝食後部屋に戻るとGMのDidiと昨夜のスタッフのマデが来た。この辺のいいかげんさがバリである。GMに、GM自身が責任を持って対応することを求めた。ここでお湯をチェックすると何とお湯が出た。しかし、昨夜は最初はお湯だったがそれが後から水に変わっている。しかも、もう3回もお湯が出なくなっている。そこで、我々が風呂に入る9時半頃にGM自身がお湯のチェックに来ることを求めた。彼は9時半に来ることを約束した。

しばらくするとマデがディナーチケットを持ってきた。既に今後の食事の予定は決まっているので使えないので気持ちだけ貰っておくと言って断ったのだが、何となくこれを渡して帰らないと彼が困る
ことになりそうなので、仕方なく貰っておいた。彼は本当に良いスタッフで、昨夜から一生懸命頑張ってくれた。

その後、妻は少し休むと言うので、私はホテルの視察に出かけた。ブサキ・ビーチ・リゾート、タンジュン・サリ、サヤン・サヌール、スワススティカ・バンガローの部屋を見せてもらった。

約2時間の視察を終えて、12:10頃ホテルに戻ってきた。12:50頃Partenza遠藤さんが到着し、カフェ・バトゥジンバーに昼食に出かけ、約1時間半ほど話ができた。実際には初めてお会いするのだが、色々とメールでやり取りさせて頂いていたので、初めてお会いする気がしなかった。個人的なことも含めて色々と話ができて、楽しい昼食だった。14:30頃ホテルまで送って頂き、そこでお別れした。

ホテルに戻った後、初めてホテルのプールを使ってみた。また、水着になったついでに、海にも入ってみた。干潮時なので波は全くと言って良いほど無かった。ここの海岸はかなりの遠浅だが、海辺からある地点を超えると海底が砂ではなく泥のような物(粘土質?)になることに驚いた。かなり足をとられて大変だった。

海から戻った後、行く機会を逸していたスパに行った。時間もなかったので、ホテルから最も近いCosmo Salonに行った。バリトップさんとの夕食の約束まで2時間を切っていたので、私はルルール(30分)のみを、妻はディープ・ティシュ・マッサージ(1時間)をお願いした。町スパの割のは部屋もきれいで、しっかりと紙パンツもあった。スパの技術を批評できるほどスパには詳しくないが、私も妻も、「気持ち良かった」というのが感想だった。

スパ終了後、一旦部屋に戻り、急いで荷物を持ってフロントに行った。既にスワさんが待っていてくれて、車でマッシモに向かった。社長のメトラさんは仕事で遅れる(とうとうこれなかった)とのことで、代わりにオペレーション・マネジャーのムスティカさんが一緒だった。

マッシモは入口に比べて店自体が広いことに驚いた。店も明るくとても良い雰囲気だった。ここでは皆さんお勧めのアンティパスタ・ミストと、シーフード・スパゲティを頼んで妻とシェアした。他のお二人もスパゲッティだった。お二人とそれぞれの国のことを話しながら楽しい食事だった。特に二人ともお父さんで苦労していることが分かり非常に親近感がわいた。理由は良くわからないが、バリトップさんのご厚意に感謝である。

部屋に戻ると、9時過ぎにスタッフがお湯のチェックにやってきた。お湯は問題なく出た。しかしGMは約束したのだから、その約束を守ってほしいと伝えた。すると、9:20頃にGMがやってきた。お湯は出たが、「また、出なくなったらあなたに直接電話するので、今夜はこのホテルに留まっているように」と伝えた。ただし、その後お湯に問題はなく電話を掛けることはなかった。尤も、彼が本当にホテルに留まったかどうかは怪しいものである。

と言うことで、バリ島最後の風呂は無事自室で入ることができた。スパの後シャワーは浴びているが、まだ体が若干オイリーだったので、風呂に入れたことは有難かった。
[PR]
by yonica | 2011-05-13 21:01 | バリ島2011