行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2011年のバリ旅行が決まるまで(その2)

「海を眺めながらの朝食を安く実現すること」と言っても、そのホテルで「海を眺めながらの朝食」が可能かどうかを調べることは実はそう簡単ではない。オンザビーチのホテルでビーチ際にレストランがあるからと言って「海を眺めながらの朝食」が可能とは限らない。ビーチ際のレストランはランチからの営業で、朝食会場のレストランは内陸側にある海の見えない別のレストランなどということもある(大型ホテルにこのケースが多い)。

勿論、ホテルに問い合わせればすぐ分かることだが、それをいちいちやるのは現実的ではない。そこで、先ずはバリ島のオンザビーチのホテルを全てリストアップして、ひとつひとつインターネットでブログや旅行記、クチコミ等を検索して、その記述内容から「海を眺めながらの朝食」が可能かどうかを判断した。これはかなり時間のかかる作業だったが、他の方のブログや旅行記を読むことは楽しい作業であった。また、バリ島についてとても勉強になった。

そうこうするうちに、ひとつ重要なことに気が付いた。それは、バリ島のホテルがリノベーションする度に、バスタブのない部屋が増えているということである。

前にも書いたが、今やバリ島観光客に占める日本人の割合は全体の10%以下で、ヨーロッパ人やオーストラリア人が中心とのことである。彼らはシャワーのみでバスタブに浸かる習慣があまりない。それに対応した変化なのだと思う。

私は個人的には絶対にバスタブが欲しいという程ではない。夏などはシャワーのみで済ませることもある。しかし、それはバスタブがあった上で使わないだけで、最初からないというのはあまり嬉しくはない。

勿論、今までにもバスタブのない部屋に滞在したことも何度もある。しかし、それは2、3日のことであり、5泊7日の旅行中、一度もバスタブに浸かれないというのもきついかもしれないと思った。また、ないと言われると欲しくなるのが人情である(実は最後は意地になった)。

そこで、「海を眺めながらの朝食を安く実現すること」というコンセプトに「大型ホテルはNG」と「バスタブがあること」を条件にして、ホテルを探すことにした。

以前にも書いたが、昨年バリ島から戻った直後は、今年はクプクプバロン・ビーチリゾート(当時:2010.11.01から以前のザ・サンディ・ファラに戻った)に滞在しようと考えていた。実は「海を眺めながらの朝食を安く実現すること」というコンセプトは昨年バリ島滞在中に既に決めており、「マジョリ」に行って、ここが良いと思った。

しかし、なにぶん一年先の話であり検討時間は有り余っている。「どこに滞在しようかな」と色々検討する時間も楽しいもので、ここで決めてしまってはおもしろくない。そこで、以下の色々なプランを検討して楽しむことにした。

プラン-B (Basic):ともかく安くあげる
プラン-L (Luxury):それなりのホテルで安くあげる
プラン-A (All Inclusive):オールインクルーシブ利用
プラン-V (Villa):ヴィラ宿泊
プラン-S (Samaya):ザ・サマヤ宿泊(参考)
プラン-M (Minimal):最低料金プラン(参考)
[PR]
by yonica | 2011-10-02 11:53 | バリ島2011