行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ハルディスでお買い物

ハルディス(Harday's:ハーディーズ)は言わずと知れたサヌールの中心、ダナウ・タンブリンガン通りにあるスーパーマーケット(スッパルマルケット?)。

ホテルの入口からダナウ・タンブリンガン通り沿いの距離は350mくらいしかないのだが、部屋が殆ど一番海側なので、部屋からホテルの入口まで同じくらいの距離があり、部屋からハルディスまでは700mくらいの距離になる。

とは言っても十分徒歩圏内。何度行ったか覚えていないが、少なくとも数回は行ったと思う(レシートは全部で12枚ある)。ベモに乗れば殆どのところに行けるサヌールではあるが、やはり滞在するならハルディスの近くに限ると改めて思った。

これを書くために画像を整理していたら、ハルディスの外観の撮影をしていないことに気がついた。勿論、色々な方のブログで何度も紹介されているので、改めてここに載せる程のものではないのだが、旅の記録としては撮影しておくべきもので、残念なことをした

ハルディスでは色々な物を買ったが、アクアとタバコがとても安かった。アクアは1.5LのペットボトルがRp.3,015(30円!)、タバコはマルボロ・ライト(外国タバコはこれとラッキーストライクしかない)が1カートンRp.117,842(1箱120円しない!)だった。

もっとも、安いのを良いことに、タバコをバカスカ吸った(滞在中に2カートン購入して殆ど消費してしまった)ことが、帰国後の脳梗塞発病のトリガのひとつになったことは否めない。

その他飲み物やお菓子、大量のナシゴレンの素、チョコレート、石鹸等のおみやげ、記念のエコバッグ(重い物は入れられそうになく実用性は?)等も買った。変わったところでは、妻がスケッチ用に12色の色鉛筆(Rp.23,100)と鉛筆削り(Rp.8,000)を買った。

文房具売り場は2Fと3Fの間の階段の近くにある。多分、色鉛筆と鉛筆削りを買う日本人観光客が珍しかったのだろうと思うが、階段を上り下りする時に、店員さんと目が合うたびに笑われた(微笑んでくれた?)。

私は、昨年迷った挙げ句(あまりにもベタなので)買わなかった「I Love Bali」のTシャツを買った。今回の入院中に(「I Love NY」の人とかぶらないように気をつけながら)病院で着ていたら看護士さん達に結構受けた。

その他に、白い無地の薄手のバスローブが欲しかったのだが、ちょっと着るのを躊躇するような派手な柄のものしかなかったので買わなかった。しかし、脳梗塞になり、次いつバリ島に行けるか分からなくなった今となっては、買っておけば良かったかなと、少し後悔している。

ハルディス1F入口付近(2Fから撮影)
a0194194_12185094.jpg

多分、バリ島では珍しい(透明)エレベーター。折角なので1回だけ乗ってみた。
a0194194_12193237.jpg

ハルディス2F
a0194194_12195165.jpg

ハルディス3Fのおみやげコーナー。奥にAB Massageが見える。ちなみに、ここでおみやげ用に買ったチョコレートの一箱の中身が変色していた。同じ物は1Fの食料品売り場でも売っているが、そちらの方が回転が速そうなので、チョコレートは1Fで買うことをお勧めする。なお、値段は空港のほぼ半額である。
a0194194_12201689.jpg

事前情報よりかなり縮小されていた3Fのフードコート。もし雨が降っていなかったら、初日の夜は買い物がてらここで食事と云う案もあったのだが、これでは雨が降っていなくても実現しなかっただろう。
a0194194_12204724.jpg

道路を挟んで反対側に移転した「ごん太」。残念ながら今回は行く機会がなかった。
a0194194_122169.jpg

どう見てもホテルになるとも、年内にオープンできるとも思えなかったThe Oasis Lagoon Sanur。2011年7月に本当にソフトオープンしたようだ。屋根にとても特徴がある。バリには珍しい鉄筋建築(だが鉄筋がとても細い)。
a0194194_12212670.jpg

[PR]
by yonica | 2012-02-19 12:42 | バリ島2011