行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

オデッセイ・サブマリン(2011.05.08)(その2)

潜水艦(オデッセイ)に到着した後、先ずはデッキで記念撮影(当然後で売りに来る:Rp.40,000)。乗客は約20人位だった。潜水艦は同じ経路を往復するが、魚が見られるのは片側のみで、20人はぎりぎり片側に座れない人数(2人くらい溢れる)。

ちょっと見難いが、潜水艦内部。左端はガイドさん。このカイドさんが潜水艦の中で色々説明をしてくれる。レストランで「英語が解るか?」と言うので、「解る」と答えておいたのだが、ところどころ日本語でも説明してくれた。ちなみに、このガイドさん、サイド・ビジネスなのか、レストランでは他のオプションツアーやカーチャーターの営業をかけてきた。
a0194194_1391964.jpg

操縦席とパイロット
a0194194_1394172.jpg

計器類。反対側にもある。
a0194194_1310183.jpg

潜航は往復約40分程。最高深度は40m(120フィート)位。ゼブラフィッシュ、クマノミ、サンシャインフィッシュ等、熱帯魚系の魚を多数見ることができた。なお、現在の深度は潜水艦の前の表示器(一番上の潜水艦内部写真中央の四角い箱)にリアルタイムで表示される。
a0194194_13102853.jpg

a0194194_13104142.jpg

潜水艦の近くに魚が集まってくるのは、ダイバーが餌付けをしているから。潜水艦の片側でしか餌付けしないので、片側でしか魚が見られない。
a0194194_13111596.jpg

海底に何故か仏像が! 沈んだのではなくしっかり安置したと云う感じ。
a0194194_13113733.jpg

潜水終了後、再度トランスファーボートで岸に戻る。潜水艦の脇に見えるのが
トランスファーボート。
a0194194_1312933.jpg

a0194194_13122843.jpg

岸に戻った後、レストランでインドネシア料理を中心とするビュッフェランチ。サテがおいしかったが(辛くないと思っていた)ココナッツソースがめちゃ辛くて驚いた。食事に夢中になり(?)、ビュッフェの写真を完全に撮り忘れたのが残念だった。

コーヒー、紅茶(無料)以外の飲み物は別料金。何を飲んだのか覚えていないが、メモによると二人分でRp.20,000しか払っていないので、この手のツアーにしてはとても良心的な価格だったようだ。

食事中にスタッフが乗船証明書(と買っていればデッキで撮った記念写真)の入った封筒を配ってくれるのだが、何故か我々の分は作り忘れられており、貰えるのがだいぶ遅くなった。

食事後、送迎車でホテルまで送って貰い、めったにできない体験ができた価値あるツアーは無事終了した。

ちなみに、これはどの送迎付きツアーでも同じかもしれないが、ホテルに迎えにくる車は1台だが、帰りは同じような送迎車が沢山並ぶので、ドライバーか同乗者の顔を覚えておいた方が良い。
[PR]
by yonica | 2012-03-18 13:22 | バリ島2011