行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ジュンデラ・バリでのランチ(2011.05.11)

次に本日の主目的地であるG.W.K.(Garuda Wisnu Kencana)カルチャー・パークに移動した。G.W.K.はジンバランからウルワトゥに行く途中のウンガサンにある巨大テーマパークで、デンパサールのププタン広場からは25Km近い距離があり、多分45分くらいかかったと思う。

この日は帰り道にWarung PARAHYANGANで早めの夕食を摂る予定だったので、昼食はフードコート等で軽く済ませるつもりでいた。しかし、昨年訪れたジュンデラ・バリを見たら懐かしくなり、予定を変更してここで昼食を摂ることにした。

ジュンデラ・バリ入口。看板の下の椅子に座って写真を撮って貰うのがお約束。勿論我々もスワさんに撮って頂きました。
a0194194_7315178.jpg

ジュンデラ(Jendela)とは「窓」の意味で、これがその「窓」?。この「窓」の前で写真を撮るのもお約束。勿論、我々もお店の方に撮って頂いた。なお、ここからはバリを一望でき、バリの眺望を満喫しながら昼食を楽しめた。
a0194194_7321928.jpg

「窓」から見たバリ島(空港方面のはず)の景色
a0194194_7324750.jpg

「窓」側から見た店内。この個人客エリアには我々しか客がいなかったが、この左奥に団体客エリアがあり、そこにはジャワ島から来たと思われる結構な数のインドネシア人の団体さんが2組、総勢30名程度入っていた。
a0194194_733911.jpg

サテの盛り合わせ(ナシ付き)とジンジャエール。サテは日本ではあまり見ない9本セット。ジンジャエールは缶(左にちょっと見えてる)と氷の入ったグラスを別々に持ってきて、その場で注いでくれる。良心的と言えば良心的なのだが、高級感には欠ける(偏見だとは思うが、インスタントラーメンを作って貰って食べているような気がする)。
a0194194_7333696.jpg

ナシゴレンとアイスコーヒー
a0194194_7335427.jpg

以上でRp.152,000だったので、テーマパーク内にあるレストランと云う場所と雰囲気を考えると決して高くはない。むしろとても良心的な値段だと思う。ただし、飲み物のグラスにはもう少し高級感が欲しい。
[PR]
by yonica | 2012-06-10 07:36 | バリ島2011