行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

番外編:高校の同窓会

もう既に一ヶ月ほど前のことであるが、11/3の文化の日に高校の同窓会に参加した。歳がバレるが、40歳になった時から始めて3年毎に開催し、今回で6回目になる。私は前回から参加している。

他県とは云え同じ地方であり3時間ほどで行けるところなので、日帰りも可能である。しかし、前回日帰りで参加したら結構忙しなかったので、今回は同窓会場である駅の近くのホテルに宿をとった。二次会も同じホテル内だったので、便利と言えば便利だったが、結局、駅とホテルの周辺を散歩しただけで、他はどこにも行かずに帰ってきた。

妻は「折角地元に行くのだから、もっと色々行ってくれば良いのに」と言ってくれるが、卒業して40年近く経つと全てがあまりにも変わっており、懐かしさを感ずることは全く期待できない。事実前回、同窓会前にオプションで「高校見学会」と云うのがあり参加したが、完全に変わってしまっており、昔の面影は殆どなかった。

その時に、「最初に開催する時に開催間隔を3年毎にするか5年毎にするかが議論になったが、5年毎だとその間に逝去する人が多いので3年毎にした」と云う話を幹事に聞いた。最初は冗談だと思ったが、名簿を見ると、40名強のクラスで既に5人以上が逝去しているクラスもあり、あながち冗談とも言えないなと思った。

今回も前回からの間に、確認されているだけで、教師2人と生徒数名が逝去されており、冒頭に黙祷の時間があった。そう云う歳になったのだなと思うと同時に、私も一歩間違うと、ここで黙祷される側になっていた訳で、改めて同窓会に参加できた身の幸せを感じた。なお、前回からの間に私以外に教師と生徒(同級生)各1人が脳梗塞になり、2人とも一命は取り留めたものの半身不随等の後遺症が残っているとのことだった。

次回は3年後ではなく、皆が還暦となる2年後に開催予定だが、それまで元気で頑張って次回も是非参加したいものだと思って帰ってきた。
[PR]
by yonica | 2012-12-02 11:56 | その他