行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:バリ島2011 ( 62 ) タグの人気記事

2011年のバリ島旅行について書こうとすると、「突然の脳梗塞」について触れない訳にはいかない。「突然の」と言っているが、このブログを書きながら旅行中のことを振り返ってみると、実はバリ島滞在中からその兆候があったように思われる。

確かに暑いバリ島ではあるが、特に最後の2日間は異常に発汗が多く、しばしば着替えをしていた。また、絞ると汗がしたたり落ちるほどハンカチがびっしょりになるのは、いくら恐縮したからと言っても異常である。帰国後4日目で発病したのだが、バリ島滞在中に発病しないで良かったとつくづく思っている。

2012年の旅行については、2011年の旅行に出発する前から検討を始めていたのだが、脳梗塞になったことにより、2012年の旅行は無いと思っている。

理由は2つあるが、最初の理由は後遺症の左半身の感覚障害に伴う異常発汗である。左半身は温度や痛みを正常に感知できない。また、温度が25度を超える環境では異常に汗が出て止まらなくなる。どう考えてもバリ島(を含むビーチリゾート)で快適に生活できるとは思えない。

もうひとつの理由は現在休職中であることだ。詳しくは書かないが、上記の異常発汗のこともあり、少なくとも年内一杯は休職させて頂くことになっている。勿論、休職中の海外旅行が法律的に禁止されている訳ではないが、信義的に休職中にバリ島旅行はないと思っている。

と言うことで、2012年のバリ島旅行は無いと思っている。ただし、来年2013年には会社復帰して、正規の休暇を利用してバリ島旅行に行きたいと思っている。

確かに異常発汗はバリ島で生活するには厳しい後遺症だとは思うが、日本で暮らすのと比べてどの程度大変なのかは、実際に行って見なければ判らない。

また、それ以外の後遺症もリハビリの甲斐あって、(あることを前提に生活すれば)普段の生活ではそれほど問題とならない程度には改善されてきている。

来年2013年にはリハビリの総仕上げとしてバリ島旅行をして、またこのブログに書きたいと思っている。

帰国便のGA884の窓から見た雲海
a0194194_12565496.jpg

[PR]
by yonica | 2012-10-21 13:10 | バリ島2011
突然の脳梗塞」により約4ヶ月の中断があったものの、前回までに2011年のバリ島旅行について何とか書き終えることができた。

同じバリ島旅行ではあるが、レディメイドだった2010年の旅行に比べて、旅行代理店、滞在地区、滞在ホテルのランク、オプションツアー、カーチャーター等、何ひとつとっても完全カスタムメイドの全く異なる旅行ができた。また、「海を眺めながらの朝食を安く実現すること」と云う当初の目的を達成できたし、現地からこのブログを更新することもできた。

その旅行の検討過程は、「2011年のバリ旅行が決まるまで(その1)」から「同(その9)」に書いた。実際の旅行も勿論楽しかったが、この検討過程がまた楽しかったし、とても勉強になった。

実際の旅行の様子を書いているブログは数多いが、その旅行の検討過程を書いているブログは殆ど見ない。その意味で、この検討過程がこのブログを訪れてくださった方の何かの参考になれば幸いである。

ただし、その検討過程で述べていることは、あくまで私の独断と偏見に基づく個人的見解である。また、書かれていることは事実ではあるが、あくまで検討当時の事実であって、現在では変わっている(事実ではなくなっている)可能性がある。特にインフレぎみのバリ島であるから、物価は全く当てにならない。

東日本大震災の影響か日本人観光客には殆ど会わなかったが、反面、Partenza遠藤さんにお会いできたり、バリトップのムスティカさん、スワさん等、新しい出会いもあり、楽しい旅行だった。

また、サヌールに一週間滞在してみて、将来バリ島に長期滞在することがあるならサヌールに滞在したいと思って帰ってきた。

2011年のバリ島旅行でひとつ残念なことは、「お湯が出ない!!」件であるが、これも今となっては楽しい思い出のひとつである。

Warung KAMISAMAから眺めたビーチ
a0194194_15435298.jpg

[PR]
by yonica | 2012-10-14 16:02 | バリ島2011
21:15頃搭乗し、GA884はほぼ定刻通りに動き出したが、途中でしばらく離陸待ちになり、21:50頃デンパサール空港を離陸した。ここで帰りのマイレージの加算をしていないことにやっと気が付いた。

ガルーダのHPでは後から加算はできないと書いてあったように記憶しているが、念のためCAさんに確認すると、最初は東京オフィスに確認した方がよいということであった。しかし、後でこのCAさん(Sさん:日本人)が席にきて、Eチケットのコピーと搭乗券を預ければ処理ができるということで、専用の申請書を書いてくれた。親切なSさんに感謝である。

搭乗後ジュース(オレンジorアップル)が配られた。珍しくアップル・ジュースを選択した。
a0194194_1218347.jpg

離陸後しばらくすると飲み物と夕食のサービスがあった。ジャカルタまで1時間45分程度の飛行で食事が出るのはなんとも忙しない。と言いながら、DEWA Loungeで食べたにも関わらず、しっかり頂きました。
a0194194_1218297.jpg

ジャカルタには10分ほど遅れて到着した。天候は雨だった。ここで一旦全員降ろされると思っていたのだが、実際には機内に残ることも可能だった。また、降りる人は貴重品を持って、機内に残す荷物は必ず頭上の荷物入れに入れてから降りること、とのことだった。

折角なので一旦降りてみた。これについては既に書いた通り

再度搭乗し元の席に戻る。離陸後、飲み物とマフィン(カップケーキ)が配られた。さすがにこれは食べられず、持って帰りました。
a0194194_12191025.jpg

妻は既に寝ていた。私も寝るためにビンタンをお願いし、その後眠りについた。

次に目覚めたのは朝食がサービスされる時であった。行きの便では食事を選択する自由度がなかったのだが、今回は選択できたので、

私はオムレツとトマトジュースを、
a0194194_12194277.jpg

妻は和食と緑茶を、
a0194194_1220442.jpg

それぞれ頂いた。味はまあまあか?。

成田には定刻10分前の8:50に着陸した。その後は順調に進み、9:50のリムジン、タクシーと乗り継いで12時前には自宅に到着した。かくして2011年バリ島旅行は無事終了した。昨年とはまた違う意味で本当に思い出に残る旅行だった。

この時にはその4日後に脳梗塞を発病しようとは夢にも思っていなかった。
[PR]
by yonica | 2012-10-07 12:32 | バリ島2011
17:50頃余裕を持ってタナロットを出発した。シンパン・シゥールの前後ではかなりの渋滞だったが、空港に19:20頃到着できた。お世話になったスワさんとはここでお別れである。

チェックインは既に始まっていたが、全く並んでいる人はなく、シティーチェックインが済んでいるので荷物を預けるだけなので、チェックインはあっという間に終了した。しかし、ここでもマイレージの加算をしていないことには気が付かなかった。

チェックイン後、出国手続きをして早速DEWA Loungeに向かった。昨年はツアーに含まれていたが、今年は別途チケットを用意した。勿論、その場でお金を払っても良かったのだが、バリトップさんカーチャーターをお願いすると、特典としてラウンジのチケットが割引価格で買えるので、事前にバリトップさんに手配をお願いした。他のラウンジを選択する手もあったが、DEWA Loungeは2010.11に大幅改修を行っており、どう変わったかを(情報はHPにあるのだが)実際に見て見たかった。

DEWA Loungeの受付
a0194194_12105337.jpg

中央のドアの向こうはビジネスクラスの旅客が無料で利用できるラウンジ(エグゼクティブ・ラウンジ)、手前が誰でも有料で利用できるラウンジと内部が2つに仕切られた。これが改修後の一番大きな変化で、ガルーダが専用のエグゼクティブ・ラウンジを持ったことになる。左は二階席への階段。
a0194194_12113454.jpg

二階席(の一部)。二階も2つに仕切られている。
a0194194_12115838.jpg

二階に作られた喫煙ブース。これが2つ目の変化。改修前は二階席は完全喫煙可だった。
a0194194_1212229.jpg

喫煙ブースの内部
a0194194_12124852.jpg

一階席(の一部)
a0194194_12131394.jpg

食べ物
a0194194_12133659.jpg

a0194194_12135395.jpg

ちょっと見にくいが、左はノンアルコール・ドリンクや一部のフルーツが入っている冷蔵庫。アルコール類は、昨年はビンタンのサーバーやキンキンに冷えたジョッキ等が置いてあったのだが、改修後は注文式(無料だが)になっていた。右のドアのところにいるお姉さんにお願いする。
a0194194_12141851.jpg

ここには無料Wi-Fiがあるので、ブログの最後の現地更新をした。ちなみに、「Wi-Fi」は日本語では「ワイファイ」と発音するが、インドネシア語では「ワイフィー」と発音する。

また、ゆっくり食事をした。スープがとても美味しかった(2杯も飲んでしまった)。
a0194194_12145177.jpg

a0194194_1215776.jpg

21時を過ぎても搭乗を促すアナウスが無いので、受付に確認すると、モニタを見てやっとアナウスがあった。結果的には、ゲートに着いた時には既に搭乗が開始されていたので、非常に効率が良かったとも言えるのだが、正直なところ若干焦った。やはりこの辺がバリだと思った(と言って許せてしまうのがバリの良いところか)。
[PR]
by yonica | 2012-09-30 12:41 | バリ島2011
次に最後の観光地であるタナロット寺院に向かった。タマンアユン寺院を出発した時点では小降りの雨が降っていた。しかし、タナロットに近づくにつれ雨はだんだんとあがり、青空が見えてきた。ただし、雲は残っていたので、きれいな夕日が見られるかどうか心配だった。

タナロット到着後、入口の門を入り、
a0194194_1264094.jpg

両側にお土産屋さんが並ぶ通りを抜けて、
a0194194_127487.jpg

海の中に建つ寺院に向った。
a0194194_1272636.jpg

実は大した波ではないのだが、これまでサヌールの静かな海ばかりを眺めていたので、波が高いこと(波があること自体)に驚いた。
a0194194_127467.jpg

また、こんなに多くの人を一度に見たのはこの旅行中で初めてと云うくらい多くの人がいた。スワさんによると、1日に1万人くらいの観光客(大半はインドネシア人)が訪れるそうだ。
a0194194_128822.jpg

a0194194_1282342.jpg

しばらくタナロット寺院を眺めた後、バトゥ・ボロン寺院を経て、ムラスティ・レストランに向かった。ちなみに、ボロンは穴の意味。
a0194194_1285785.jpg

a0194194_1291266.jpg

道中、「絵はがき30枚でRp.30,000」と云うお姉さんにかなりしつこく付きまとわれた。生活がかかっているのか鬼気迫る表情だった。「いらない」と言っているうちはずっと付いて来たのだが、ビデオカメラを見せて「自分で沢山撮影しているからRp.10,000じゃないと買わないよ」と言ったら、やっと諦めて離れてくれた。あまりしつこいので、意地になって買わなかったのだが、別に高い物ではないし、結構良くまとまっていたので、買っておけば良かったかなと今になって少し後悔している。

ムラスティ・レストランの入口
a0194194_1293970.jpg

ムラスティ・レストラン
a0194194_1210298.jpg

時間があればここでシーフードBBQと云うのが定番だが、BBQを食べている時間は無いので、スワさんにもご一緒して頂いて、3人でお茶をしながら夕日を眺めた。ちなみに、下の写真は妻がオーダーしたスイカジュースだが、私がビール、スワさんが紅茶を頼んで、飲み物代は3人でRp.69,000と、場所を考えるととても安かったので、ここは夕日を眺める場所としてはお勧めである。
a0194194_12102584.jpg

ただし、空は晴れているのだが、水平線近くにかなり厚い雲があり、水平線に沈む夕日は見られなかった。しかし、太陽と雲と海が織りなす幻想的な景色(夕焼け)を十分堪能できた。
a0194194_12105168.jpg

これは実際に行って見て初めて知ったのであまり紹介されていないと思うのだが、ムラスティ・レストランからは、海に直接流れ落ちる珍しい滝(私はこのタイプの滝を初めて見た)も見ることができる。
a0194194_12111461.jpg

[PR]
by yonica | 2012-09-23 12:30 | バリ島2011
次にタマンアユン寺院に向かった。アシタバ工房にいるうちから怪しげな空模様だったが、寺院に向かう途中でとうとうすごい雨が降り出し、寺院に着いても雨は止まないかった。仕方がないので、集会場で雨宿りをした。その間、スワさんが天体の話等、色々な話をしてくれたので、退屈せずに済んだ。

雨宿りした集会所と
a0194194_15145263.jpg

その内部
a0194194_15162349.jpg

30分ほど集会所で雨宿りをした後、傘をさせば歩ける程度には雨も小降りになったし、残り時間にも余裕が無くなってきたので寺院の見学に出かけた。

傘をさして見学に向かう他の観光客
a0194194_1516488.jpg

別の場所で雨宿りする観光客
a0194194_15171446.jpg

タマンアユン寺院入口。
a0194194_15173764.jpg

(ヒンドゥー教信者ではない)観光客は寺院内部(境内)に入ることは出来ず、寺院の回り(回廊)から内部を眺めるしかない(ことになっている。しかし、明らかに知らずに入っている観光客もいたが、特に咎められてはいなかった)。もっとも、中に入らずとも、回廊から眺めるメルの並びは素晴らしいものだ。30分ほどかけてゆっくり寺院の周りを一回りした。
a0194194_1518336.jpg

a0194194_15181653.jpg

a0194194_15182965.jpg

タマンアユン寺院はブサキ寺院に次ぐバリで二番目に大きな寺院で、一番美しい寺院と言われている。しかし、紹介されている写真は上のようにメルが並ぶ境内の写真が殆どなので、実際に訪れる前は、素晴らしいとは思っても、美しいとはあまり思っていなかった。

しかし、実際に訪れてみると、境内の周りには木々が茂り川が流れており、その庭園のような景色は本当に美しかった。境内のみならず、これら周りの景色全体を含めて、バリで一番美しい寺院と言われているのだと納得した。
a0194194_15185523.jpg

a0194194_15191781.jpg

[PR]
by yonica | 2012-09-16 15:31 | バリ島2011
サヌールの海を眺めながらゆっくりとバリ島最後の昼食を楽しんだ後、ロビーに行くとスワさんが既に待っていた。勉強熱心なスワさんは待つ間、ライブラリにある日本語の本を読んでいた。その勉強熱心さには頭が下がる思いだ。バリトップさんのガイドさんは本当に素晴らしいと思った。

先ずはSanur Beach Hotelのガルーダオフィスでシティーチェックインをした。先日、リコンファームと座席の確保が済んでいるので、チェックインは極短時間で終わった。ただし、この時マイレージの加算をして貰うのを忘れたしまった。

次にアシタバ工房に向かった。
a0194194_848316.jpg

昨年、スミニャック店に行っているし、ダナウ・タンブリンガン通り沿いにもサヌール店があるのだが、製造工程を見たくて工房を訪ねた。

「道が分かり難いのでガイドさんに連れていって貰った方がよい」とどこかに書いてあったが、全くその通りの道だった。ここには珍しく日本人の先客が一組いた。

始めにアタ製品の作り方を説明して貰った。蒸すという工程があるのは知らなかったので勉強になった。

原材料のアタの弦
a0194194_8485122.jpg

蒸すための炉
a0194194_8494764.jpg

炉の中でこれから蒸される製品
a0194194_8501087.jpg

天日乾燥されている蒸し上がった製品
a0194194_8503362.jpg

蒸す前と天日乾燥後の比較。乾燥後は独特の色合いが出ている。
a0194194_8505440.jpg

仕上げと検品の工程
a0194194_8511376.jpg

店内の一部
a0194194_8513259.jpg

お土産にバック、ティッシュボックス、ウチワ等を買った。実は昨年スミニャック店でアタのスリッパを見つけたのだが、女性用なのか残念ながら私にはサイズが合わなかった。工房に行ったらサイズの合う物があるかと期待していたのだが、スリッパそのものがなかった。
[PR]
by yonica | 2012-09-09 09:10 | バリ島2011
*以降の5/13、5/14に関する本文は既にアップ済みの記事に加筆修正したものです。


2011年5月13日、バリ島最終日。

7時半に起床。荷物をパックして、8時半頃バリ島最後の朝食へ向かった。部屋に戻って食休み後、最後の散歩に出かけた。先日と同じく、ホテルから遊歩道を北上してWarung KAMISAMAまで行って引き返してきた。妻はこのコースが気に入ったようだ。途中、昨日視察したBesakih Beach Resortの敷地内を妻を案内し、「次はここに泊まってみるか」という話をする。

今日も沢山の漁師さんが海に入っていた。
a0194194_7164968.jpg

a0194194_717869.jpg

地上に降りた海賊船(?)。昨年、ザ・サマヤ前のビーチで宙に浮かんでいるのを見たが、思っていたより実物は大きかった。こんな物が宙に浮くのは驚異である。
a0194194_7173494.jpg

ホテルに戻り荷物をパックしてチェックアウトのためフロントに向かうと、何とロビーにバリトップのムスティカさんが挨拶に来ていて、沢山のおみやげを頂いてしまった。散歩の後、妻は軽くシャワーを浴び、私も汗を拭いて着替えをしていたのだが、あまりに恐縮して(冷)汗がどっと噴き出してしまった。

ムスティカさんにお世話になったお礼を言い、「社長のペトラさん(村の用事で来れなくなったとのこと)にくれぐれも宜しくお伝え下さい」とお願いしてお別れした。昨日からバリトップさんのホスピタリティには恐縮し通しである。

予想もしていなかった事態に、二人ともムスティカさんとお別れすると、どっと疲れが出た。チェックアウト後、荷物をクロークに預け、ロビーのソファーで少し休んだ。その時、汗でびっしょりになったハンカチを絞って、陽の当たっているソファーの背に15分ほど掛けて置いたら、完全に乾いたのには驚いた。

その後、昨日貰ったディナーチケット(ランチにも使えることは確認済み)を使って、レストランでバリ島最後のランチを頂いた。

私はチキン・カシュー、
a0194194_718221.jpg

妻はジャワ風チキンカレー
a0194194_7182841.jpg

のセットランチをオーダーした。

このチケットはめったに使われることは無いらしく、レストランのスタッフがフロントに電話で確認をとっていた。

飲み物は(ホット)コーヒーまたは紅茶が付いているのだが、私も妻も汗びっしょりだったので、アイスコーヒーを別途注文した(これは別料金)。

レストランでは毎日朝食を頂いていたが、ランチは初めてだった。特にカレー味のカシューナッツが美味しかった。
[PR]
by yonica | 2012-09-02 07:36 | バリ島2011
洗濯物を置きに一旦部屋に戻り、急いで荷物を持ってフロントに行くと、既にスワさんが待っていて、車でMassimoに向かった。

社長のメトラさんは仕事で遅れる(結果的にこれなかった)とのことで、代わりにオペレーション・マネジャーのムスティカさんが一緒だった。

Massimoは何度か前を通っていたのだが、実際に入ってみると、入口に比べて店自体が広い(奥に長い)ことに驚いた。
a0194194_1025621.jpg

店内も明るくとても良い雰囲気だった。個室を予約して頂いていたのだが、禁煙だったので、喫煙の一般席に変更して頂いた。
a0194194_1031626.jpg

スワさん(左)とムスティカさん。ちなみに、スワさんの写真がバリトップさんのHPのスタッフ紹介のページから削除されているので、スワさんはバリトップさんを退職されたようだ。
a0194194_1034152.jpg

お通しの「丸っこいの」(ポン・デ・ケイジョ?)。これがとてもおいしい。
a0194194_104317.jpg

皆さんお勧めのアンティパスタ・ミスト。うわさ通りのボリューム(一緒に写っているタバコのパッケージと比べると皿の大きさがわかると思う)で全員でシェアした。
a0194194_1042322.jpg

妻はシーフード・スパゲティを頼んだ。他のお二人もスパゲッティだったが、今となってはどれが何やら?? 以下、スパゲッティ・コレクション。
a0194194_1044288.jpg

a0194194_1045531.jpg

a0194194_105842.jpg

お二人とそれぞれの国での生活のことを話しながら楽しい時間を過ごすことができた。特に、国は違えども二人ともお父さんで苦労していることが分かり、非常に親近感がわいた。理由は良くわからないが、バリトップさんのご厚意に感謝である。

なお、明日の昼食はカーチャーターの途中で摂る予定だったのだが、ホテルから貰ったチケットでホテルのレストランでランチを摂れるように、明日のカーチャーターの出発を14:30に変更して頂いた。

ちなみに、お世話になったので宣伝をするわけではないが、実際に利用した者の実感として、このカーチャーターは2日間計15時間、ガソリン代、駐車代等全て込みで8,000円と破格の安さで、しかもこのように自由度も高く、非常にお勧めである。

21時少し前にホテルまで送って頂いた。この日は無事にお湯が出て、バリ島最後の風呂は無事自室で入ることができた。ルルールの後シャワーは浴びているが、油落ちが悪くまだ体が若干オイリーだったので、風呂に入れたことは有難かった。

2011年のバリ島旅行も最終日を残すのみとなったが、今回の旅行中で私はこの日が一番沢山のことをした一日だった。
[PR]
by yonica | 2012-08-26 10:22 | バリ島2011
約2時間の視察を終えて、12:10頃ホテルに戻ってきた。12:50頃Partenza遠藤さんが到着し、Cafe Batujimbarに昼食に出かけた。
a0194194_742309.jpg

昼食は3人ともサンドイッチだったのだが、パンが例の口の中の水分を全部持っていくパサパサタイプで、遠藤さんはTehのボトルを二本も飲んでいた。

食事をしながら約1時間半ほど遠藤さんと話をさせて頂いた。実際には初めてお会いする方なのだが、色々とメールでやり取りさせて頂いていたので、初めてお会いする気がしなかった。個人的なことも含めて色々と話ができて、楽しい昼食だった。話に夢中になったのか、残念なことに写真を全く撮っていない。

14:30頃ホテルまで送って頂き、遠藤さんとはそこでお別れした。遠藤さん、わざわざホテルまでお越し頂き、本当にありがとうございました。

ホテルに戻った後、初めてホテルのプールを使ってみた。前述のようにホテルには3つのプールがあるが、ほぼ唯一使っている人がいる(部屋の目の前で一番近い)レストラン前のプールに行った。
a0194194_7425313.jpg

木の葉が浮かんでいたりするのはご愛敬だが、水が流れているので、水は比較的綺麗だった。私は仰向けで水に浮かんで空や雲を眺めているのがとても好きで、泳ぐと言うより、しばし水と戯れた。

水着になったついでに、海にも入ってみた。干潮時なので波は全くと言って良いほど無かった。ここの海岸はかなりの遠浅だが、海辺からある地点(10mくらい)を超えると海底が砂ではなく泥のような物(粘土質?)になることに驚いた。かなり足をとられて大変だった。砂を入れて作られたビーチの証拠かもしれない。

海から戻った後、今まで行く機会を逸していたスパに行った。時間もなかったので、ホテルから最も近い(ホテルの斜向かいの)Cosmo Salonに行った。
a0194194_7432146.jpg

Cosmo Salonは一階が美容室で二階がスパになっている(階の移動は外階段)。時間があれば2時間のマンディ・ルルールをしたかったのだが、バリトップさんとの夕食の約束まで2時間を切っていたので、私はルルール(30分)のみを、妻はディープ・ティシュ・マッサージ(1時間)をお願いした。

町スパの割には部屋もきれいで、しっかりと紙パンツもあった。私も妻もバリでのスパの経験は昨年の3軒のみなので、批評ができるほどスパには詳しくないが、二人とも、「気持ち良かった」というのが感想だった。

スパの帰りにランドリーに寄って、昨日お願いした洗濯物を引き取ってホテルに戻った。引換券を紛失していたので心配していたが、引換券を要求されることもなかった(さすがバリだ!)。
[PR]
by yonica | 2012-08-19 07:51 | バリ島2011