人気ブログランキング |

行くまでに時間があったので、色々調べていたらバリ島にハマってしまいました


by yonica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Peneeda View Beach Hotelの朝食はセットメニューで、アメリカンかインドネシアンが選択できる。何れにもフルーツ・ジュースとフルーツ・プレート、コーヒーまたは紅茶(おかわり自由)が付く。このクラスのホテルだと、フルーツ・ジュースかフルーツ・プレートの選択という場合が多いが、両方付くのがうれしい。

アメリカンを選択した場合、メインプレートにウインナー・ソーセージかハムを付けられる。パンはトースト、クロワッサン、デニッシュから選択できる。また、最近始まったようだが、1テーブルに1個、パンとカップケーキのバスケットが付く。なお、トーストはバリではお馴染みの、口の中の水分を全部持っていかれるパサパサタイプ。

ナシゴレン(と云う名のオムライス?)
a0194194_13535622.jpg

ミーゴレン。これは美味しかった。私はどちらかと言うとナシゴレン派だが、ここの朝食に限っては、ミーゴレンの方がお勧めである。
a0194194_1355201.jpg

パンとカップケーキのバスケット、フルーツ・プレート、ミックスジュースとパインジュース。パインジュースとメニューには載っていないウォーターメロン・ジュースのみがフレッシュジュース。
a0194194_1355439.jpg

スクランブルエッグとハム、クロワッサン、ウォーターメロン・ジュース
a0194194_13561186.jpg

プレーンオムレツとソーセージ、デニッシュ(これは美味しい)
a0194194_13562952.jpg

目玉焼きとソーセージ
a0194194_13564830.jpg

ゆで卵とハム、クロワッサン
a0194194_1357829.jpg

スクランブルエッグとソーセージ、デニッシュ
a0194194_13572473.jpg

アメリカンは卵料理、パンの選択とハムとソーセージのどちらを付けるかで、結構な数の組み合わせができ、飽きなくて済む。ただし、スクランブルエッグの下にトーストがあるので、よほどトーストが食べたい時以外は、スクランブルエッグとトーストと云う組み合わせは避けた方がよい。

ちなみに、スクランブルエッグの下のトーストには、1/2枚(三角形)のバージョン[上の写真]と1枚(四角形)のバージョン[下の写真]の2種類があるようだ。
a0194194_13574799.jpg

コーヒー、紅茶は頼めばサービスしてくれるが、セルフサービスも出来るようになっている。このセットはアフタヌーンティーでも使われる。
a0194194_1358558.jpg

Peneeda View Beach Hotelでは、15:30から16:30まで、アフタヌーンティー・サービスがある。ただし、高級リゾートホテルのアフタヌーンティーとは意味合いが異なり、部屋にコーヒーメーカー等の設備がないので、決まった時間にレストランで提供しますよと云うサービス。

Nusa Lembongan前のプール脇にコーヒーと紅茶がセルフサービスで用意される。なお、我々の滞在中5/7のみプール脇ではなく、Nusa Lembonganのカウンタで提供された。初日だったので、アフタヌーンティーとはそう云うものかと思ったら、次の日からプール脇になった。
a0194194_13583980.jpg

また、ケーキが販売される。値段は覚えていないが、Rp.10,000程度だったと思う。
a0194194_1359459.jpg

なお、ルンブン棟エリアには、いつでもインスタントのコーヒー・紅茶が飲めるコーナーがある。(そこまでする人がいるかどうかはともかく)ルンブン棟エリア以外のゲストが、ここまで来てコーヒーを飲んでよいのかどうかは不明。
a0194194_13592577.jpg

by yonica | 2012-01-08 14:04 | バリ島2011
ザ・サマヤには海側にBreeze
a0194194_0494925.jpg

Courtyard Villa棟側にBrasserie
a0194194_0501187.jpg

の2つのレストランがある。我々はBreezeしか利用しなかった。朝食はセットメニューとアラカルトがあるが、メニューにあるものならどれをいくら頼んでもよい(が、そんなに食べられる訳はない)。

定番のナシゴレン。私はこれが気に入ってしまい、5回の朝食中3回オーダーした。このサテのピーナツソースがまた美味しいのなんのって!
a0194194_0504090.jpg

これまた定番のミーゴレン。妻はこちらが多かった。
a0194194_051521.jpg

フルーツプレートとクロワッサン
a0194194_0512518.jpg

スモークサーモン&スクランブルエッグとチョコレート何とか(忘れました)
a0194194_0515060.jpg

エッグベネディクト(多分)
a0194194_0521036.jpg

オムレツ
a0194194_0523112.jpg

シリアルアンドヨーグルトとAWANIのジャム
a0194194_0525373.jpg

残念ながら写真はないが、上記以外にも5日間で結構色々なものをオーダーした。全て上品な味でとても美味しかった。また、フレッシュジュースは何を飲んでも美味しかった。妻はウォーターメロンジュースがお気に入りだった。

料理自身が美味しかったのは勿論だが、それ以上に雰囲気が美味しくしているのだと思う。海を眺めながら1時間以上かけてゆっくり朝食を摂るという非日常は本当に素晴らしいものだった。好きなだけと言っても、そんなに食べられる訳はないと思っていたが、普段の朝食では考えられない量を食べてしまった。これもリゾートのなせる技だろう。

我々がよく利用させて貰った一番ビーチ側のテーブルとBreezeの看板。
a0194194_0531992.jpg

宿泊特典として、毎日15時から17時の間にアフタヌーンティーのサービスが付いていた。ルームサービスにもできるのだが、海を眺めながらゆったりした時間を味わえる折角の機会を逃す必要はないので、我々はホテルにいるときは毎回Breezeで頂いた。

アフタヌーンティーに付いてくるスイーツ(下の写真は7月1日のものだが、スイーツは日替わりである)は美味しかったことは勿論だが、毎日朝は美味しい朝食をガッツリ食べていることもあり、夕食までお腹を持たせるのに十分なボリュームだった。
a0194194_0534835.jpg

逆に言うと、昼食を摂ってしまったらこの美味しいアフタヌーンティーは楽しめなくなることになるので、バリ島滞在中、ツアーに含まれている2回(この時はホテルの外にいるのでアフタヌーンティーはなし)以外は昼食は摂らなかった。それでもこの旅行中に体重が2キロも増えた。もし毎日昼食を食べていたらどうなっていたのだろうか。恐ろしや恐ろしや。
by yonica | 2011-02-27 00:57 | バリ島2010